2011-09-19

ドロドロ釉薬のテストピース

ドロドロ釉薬を複数回、焼成すると現れる
へんなウネウネ模様。
今まで何回か取り上げてきました。



blog123g.jpeg

背景がうねうねになった「鳥と果樹」第1弾 



blog127aa.jpeg

やっぱりうねうねがでた小さなテストピース 




ドロドロ釉薬は全部で7色。
この際まとめて7色全部、複数回焼成のテストピースを作ろう!
と意気込んで作ってみました。



釉薬を上乗せしたときにだけ現れる現象です。


方法は複数回焼成して
上乗せするものと上乗せしないものをそれぞれ作ります。

上乗せすると、うねうね模様が出て
上乗せしないものは 焼成回数が多くなるほど
色が濃くなるはず、、、です。

テストピースでは そうでした。




回数は合計で4回焼成を行い、
それぞれの焼成段階で変化が現れるかを調べます。






で、、




結果は、と言うと、、、、  


      ??? 




blog116i.jpeg




あっれ~~!? なんで?どうして??
なんの変化も現れません。


うねうねはどこに行った???

色番号139、なぜか薄くのってしまい
つまらない失敗をしました。



2回、3回と焼成を重ねる途中でも
まったく うねうねが再現しないのです。



だって今までに2回、出ているのに。




これには 頭を抱えました。




工房の先生も 「訳がわかりませんねぇ、、、、」






、、、どうしよう。



今後、この釉薬をどう扱っていけばいいのか
判断に迷います。

うねうね模様、キライじゃないし、
これを使って何か作品に活かせれば、、と
思っていたので、完璧に肩透かしを食らいました。



しばし、思案します。

と言っても再現しなければお話になりませんが。




なんだか腑に落ちないし、すっきりしないテスト結果でした。


、、、でも なんか悔しいので
近いうちにまたトライしてみようかな。







スポンサーサイト

theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

プロフィール

ゲンちゃん

Author:ゲンちゃん
2002年、スペインタイルアート工房の通年コース受講開始。
スローペースでなんとか卒業し、以後、
気のむくままに制作を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム