2009-09-28

ステンドグラス風飾り皿

Gen's Tile Art で販売している飾り皿です。

blog15.jpeg

直径26cmのお皿に描いた模様は、ウィーンにある教会のバラ窓をもとにしています。

下絵はすべてオイル描きで、かなり時間がかかりましたが、
色付けはさらに大変でした。
同じ模様の繰り返しなので、下絵を3分割して各部分の色番号を書き込んでから
教室で着色。
細かいところの色を間違えて修正したり、狙ったような色が出なくて
再焼成したり、、と四苦八苦。

周囲が暗い場所に飾って、ダウンライトで照らしたら教会ステンドグラスの雰囲気が
出るかも?
スポンサーサイト
2009-09-08

浮世絵美人について

blog11.jpeg

2年前に作りました。
元ネタは歌舞伎のカレンダーで、作者はたぶん歌川豊国です。
役者絵だと思いますが、立ち姿の優雅さ、バランスのよさ、着物柄の美しさに一目ぼれ、
クエルダセカ(オイル描き)で再現してみました。

白タイル6枚では足らず、足元部分に6センチくらい継ぎ足してあります。

着物柄のアップです。

blog14.jpeg

歌舞伎で使われる衣装は江戸時代から非常に豪奢だったことが分かります。

染色の技術に疎いのですが、絞りや型抜きでしょうか。
繊細な部分はオイルではなく、鉛筆描きにして焼成後に線がとぶようにしました。

白塗りの顔の部分に使った顔料は いくつかテストピースを作って
ほんのりピンクがかったアイボリー色を作ったつもりでしたが、、、
実際には液が薄くて、左頬の部分は下が透けて見えています。

こうした事は焼成後に分かるものですが、修正しようにも
配合した顔料を捨ててしまっていたので そのままにしてしまいました。

手間を惜しまずに 余分に作っておくべきでした。今後の良い反省点になりました。


Gen's Tile Art Shop

theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

プロフィール

ゲンちゃん

Author:ゲンちゃん
2002年、スペインタイルアート工房の通年コース受講開始。
スローペースでなんとか卒業し、以後、
気のむくままに制作を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム