2012-08-29

ミラノの教会 その2



下絵が終わり、空の部分をごく薄いブルーのクエルダセカで彩色しました。


blog147c4.jpeg








一回目の焼成が終わった状態です。


blog147e.jpeg



水彩顔料をオイルで溶いて塗った部分は
焼成の熱で色が飛んでしまい、
下絵の時よりも薄くカスレた感じになってしまいます。
という訳で必要な部分にはもう一度彩色します。


オイルで溶いた水彩顔料やクエルダセカの釉薬で補正してから
2回目の焼成をします。






スポンサーサイト

theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

2012-08-24

マヨルカ技法の飾り皿 その2

まずは彩色を仕上げ、、、


blog150c.jpeg





次にマンガンで輪郭線を描いていき、、、

blog150d.jpeg



輪郭線を描き終ると、これで絵付けが完成です。

blog150e.jpeg


カワセミ部分の拡大。

blog150e1.jpeg






で、焼成をしまして、、、、






これでようやく完成です。


blog150f1.jpeg



blog150f2.jpeg



blog150f3.jpeg


26cm径のお皿はカリキュラムではクエルダセカに使用されています。
今回はマヨルカ技法なので釉薬を掛けたため、ずっしりと重くなりました。

壁に掛けるときはしっかりしたフックで吊るす予定です。







さて、次はオランダ・デルフトの風景画タイルに挑戦します。  








theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

2012-08-19

お花のマグカップ完成 (^^)




アルブレヒト・デューラー(1471-1528)が描いた水彩の花を
マグカップに絵付けし、、、、




blog144e.jpeg








一回焼成した後、透明釉薬をかけて再度焼成しました。









カップの周囲を、角度を変えて撮っています。


blog144p44.jpeg





blog144p11.jpeg




blog144p22.jpeg




blog144p33.jpeg



芍薬は、赤い色の部分が粗い仕上がりになりました。






食器として使うものなので、一度、煮沸してから使用します。





デューラーのお花のマグカップ、これで完成です。





theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

2012-08-14

ミラノの教会  その1

10年くらい前、イタリア・ミラノで
ふらっと立ち寄った教会で撮った写真をもとに
タイル風景画を制作中です。




blog147a.jpeg








朝、わりと早い時間だったので
人が少なくて静かな雰囲気が漂っていました。

blog147b.jpeg









22.5cmx30cmサイズです。

blog147c3.jpeg


画面右側から朝日が差し込んでいて
左側の壁と地面の一部に陽があたっています。
光と影のコントラストが分かるように
下絵を描いていきます。








theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

2012-08-08

マヨルカ水彩技法の飾り皿 その1

マヨルカ技法のおさらい、
いままではフラットなタイルに絵付けしていたので
ちょっと気分を変えて、径26cmのお皿に描く練習をしてみます。



デザインは、手持ちのデザイン本の中から見つけてきたものを
ちょこちょことアレンジ。






アクリル絵の具で彩色した見本はこちら。

blog150a.jpeg


お花の部分は18世紀フランスのデザイン、
これにカワセミっぽい鳥をくっつけてみました。

え~っと、
いわゆるスペインタイルのマヨルカっぽさはまったくありません。




お皿に釉掛けして絵付けを始めました。

blog150b.jpeg







スペインタイルを習得した方は見てすぐにおわかりかと思いますが
マヨルカ独特の、薄い色から濃い色へ、という
作業手順を無視して描いています。









マヨルカ技法のおさらいを始めて(たしか)5作目、
ついに自己流、というクセが出ちまいました~~



ワタシは今のところ、工房では基本的に「自習」、、、
つまり、自力で制作しますね、というスタンスで描いているので
先生方も「あれ?なんだか違う描き方?」という表情をなさっていますが、
辛抱強く、忍耐強くワタシの自己流を黙認されています。
ありがとうございます、、、


って、いや、スンマセンです。







マヨルカ水彩技法っていう題名、変えたほうがいいかな??。。。。





とにかく、絵付けを進めていきます。








theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

2012-08-02

人物画 ~髪の毛を描く  その2


髪の毛をオイル描きで表現してみたくて作ったタイル、
15cm角の白タイルを使用、元ネタはモノクロ写真です。





焼成が終わり、出来上がったタイルを額装しました。

blog148g3.jpeg



焼成前と焼成後、ほとんど変化はありません。
強いて言えば、黒く塗りつぶした部分が
焼成時の熱で少しとんでしまい、やや薄めになったくらいです。






[髪の毛部分アップ]

blog148h1.jpeg











[髪の毛部分をさらにアップ、、、 おっと、字は大きくしなくていいッスね]

blog148h3.jpeg

あ、顔が見えてしもた。。。まぁ、いいか。











。。。ふ~む。


髪の毛を描くといっても、、、、
質感や光沢感を出すのはなかなか難しいですねぇ。

筆を変えるとか、光沢の部分にクエルダセカを足すとか
別の方法を試してみるか。

ま、気が向いたらそのうちに。。。




でも、人物をモデルにしたタイルって結構面白いです。


タイルにしたい「人物」があったら
またトライしてみたいと思います。








theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

プロフィール

ゲンちゃん

Author:ゲンちゃん
2002年、スペインタイルアート工房の通年コース受講開始。
スローペースでなんとか卒業し、以後、
気のむくままに制作を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム