2012-09-26

オランダ デルフトタイル その1

水彩技法、今回はオランダの単色タイルに挑戦です。


見本はこちら。オランダタイルの本で見つけた風景画タイルです。
  

blog150g1.jpeg


オリジナルは四角いタイルですが、
コーナーパターン(四隅にある柄)を外して
18cm径のお皿に絵付けします。








blog150g2.jpeg

薄いブルーで空や海などを描いて、、、





blog150g3.jpeg

樹木や風車、船など少し濃いめのブルーで描き加えて
この後、さらに濃く陰影を描きこんでいきます。





濃淡だけで表現する単色タイル、色の調節やら
筆使いやら難しくて緊張しますが
だんだん風景が出来上がっていく過程が
めっちゃ面白いです。











スポンサーサイト

theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

2012-09-21

旅行してきました

1年ぶりの海外旅行、フランスに行ってきました。


ノルマンディー地方から古城が点在するロワール地方へと移動、
最後にパリ、という行程です。


ノルマンディー地方と言えば、
このふわふわオムレツが名物料理の世界遺産がありますね。

blog152a.jpeg

モン・サン・ミッシェル修道院です。

blog152d.jpeg

ひゃっほ~い    やっぱ絶景です~

雨の多いノルマンディーですが
好天に恵まれ、素晴らしい景色を堪能してきました。

余談ですが、モン・サン・ミッシェル修道院周辺は
物価が高いお店が多いです。
物流がタイヘンなのでお値段に反映されるのはわかりますが。。。





blog152e.jpeg

アンボワーズ城。



blog152f.jpeg

シュノンソー城。







blog152c.jpeg

パリは晴れたり曇ったりのお天気で、最低気温は10度、と
寒かったッス。



パリ市内の観光名所やベルサイユ宮殿、
どこに行っても人が多くて圧倒されました。
面倒なのでほとんど写真を撮ってないや。あはは。





さて明日からまた日常に戻り
チマチマとタイル作りの日々を再開します。





theme : フランス
genre : 旅行

2012-09-12

デルフト~ミニタイルで練習

オランダ・デルフトの単色タイルに挑戦する前に
小さなタイルで少し練習します。





タイル関連の本の隅っこに載っていたデザインを参考にしました、、、

    blog150f44.jpeg




柔道の背負い投げ?、、、?
格闘技の練習でもしているんでしょうか。
子供の遊びにしちゃワイルド過ぎる気が。。。。




こういう図柄って
つい漫画っぽくセリフを付けたくなります。


blog150f55.jpeg

焼成が終わった状態です。 5cm角のミニタイルです。







さらに2枚描いてみました。 こちらも5cm角タイルです。

blog150f88.jpeg
   そうそう、暑い日は特にね、、、



blog150f99.jpeg
   、、、、ボンヤリ



この2枚はこれから焼成です。







いつも風景画とか模写とか、超シリアス系? を好んで描いていますが
ミニタイルは短時間で描けてデザインも遊べるし、気分転換にぴったりです。




調子に乗ってギリシャ風ミニタイルも作ってしまいました。
これも5cm角です。

blog150f7.jpeg
      「逃げろ!頼む、逃げてくれぇ~!!!」


100均で買ったジャストサイズの額に入れてみました。






ミニタイルの練習も終わり、次回はデルフト風景タイルをご紹介します。







9月14日~20日まで不在にいたします。
この間のブログ更新、コメント返信等は出来ませんので
宜しくお願いいたします。


  





theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

2012-09-07

ミラノの教会 完成

2回目の焼成が終わりました。


blog147i.jpeg


日なたと日影の差がわかるようになり
色の濃淡もいちおう満足のいく出来になったのでこれで完成です。





最後に額装をします。




買っておいた額に合わせ、背景の紙を選び全体の様子を見ます。

blog147h.jpeg





マット加工して、しっかりタイルをはめ込んだら
ようやく完成です。









theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

2012-09-03

「祈る手」(デューラー作)を模写  その1

お花のマグカップを作る時に
アルブレヒト・デューラー(1471-1528)の画集を見ていて
模写してみたい作品がもう一つありました。

デューラーが依頼された祭壇画を描くための準備として
描いた素描のうちの一つ、「祈る手」です。




スペイン製の白粘土で粘土板を作り、一度焼成、
オイルで溶いた水彩顔料を使い、絵を描いていきます。
サイズは20cmx10cmです。





blog145a.jpeg

ブルーと黒の水彩顔料を使っています。




原画はウィーンのアルベルティーナ美術館にあり、
デューラーが描いた別の数枚の素描画と共に
小さな部屋に飾られています。









下絵が終わりました。

blog145b.jpeg




これで一度焼成した後、背景の処理をします。






theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

プロフィール

ゲンちゃん

Author:ゲンちゃん
2002年、スペインタイルアート工房の通年コース受講開始。
スローペースでなんとか卒業し、以後、
気のむくままに制作を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム