2012-12-27

デルフトタイル4枚目  少し色味が加わりました ~その2

少し時間が空いてしまいましたが、
デルフトタイル4枚目の結果をご報告します。




今回の見本は少し色味が加わりました。

blog150j1.jpeg



ブルー、マンガンに加えてイエロー、オレンジ、グリーン等も使用し、
18cm径の飾り皿に絵付けします。



blog150j2.jpeg




blog150j3.jpeg




blog150j4.jpeg

最後にいつものとおり周囲に線を2本書きこんで彩色終了。











焼成後はこうなりました。

blog150j5.jpeg





blog150j6.jpeg







ふ~ん。。。

イエローは彩色しているときは
薄いんじゃないか?と思って、つい厚塗りしてしまい
焼成後は、思っていたよりも濃い色になりました。


焼き上がりの色を考えながら彩色をする。
これって基本ですが、なかなか難しいです。
今後の課題が出来ました。




さて、新たな課題が見つかったところですが
年内のブログ記事はこれが最後になります。


今年は長年苦手意識を持っていたマヨルカ水彩に着手、
気がついてみたらクエルダセカと全く違う面白さに夢中になり
少しばかり守備範囲が広がったようで
ホントに嬉しい年になりました。



皆さん、今年も拙いブログにお付き合いいただきまして
本当にありがとうございました。

来年もスローペースですが
地道に作品を作り続けていくつもりです。




少し早いですけれど。。。

皆様、どうぞお元気で 良いお年をお迎えくださいませ!! 





スポンサーサイト

theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

2012-12-22

プラハの街並み



2年前に旅行した東欧、
どこに行っても美しい街並みが印象的でした。
特にチェコのプラハ。

石畳の坂道が多く、
どこから眺めても絵画になるような街。

狭い路地に落ち着いた佇まいがありますが
街の中心にある時計台に上って眺めた
風景をタイルにします。




まずはいつものとおり、下絵をオイルで描いていきます。


blog153a.jpeg







枠線を書き終ったら水彩顔料をオイルで溶き、彩色します。

blog153b.jpeg


ある程度彩色が終わったら、次にクエルダセカの釉薬で
建物の壁などを彩色していきます。








theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

2012-12-17

デューラー作 「多くの動物がいる聖母子」(一部)

焼成が終わりました。

焼成前とほとんど変化がないので、あんまり面白味はありませんけどね。



これはアルブレヒト・デューラー(1471-1528)が
1503年に描いた作品の一部を模写したものです。
15cm角の白タイルを使用しました。



blog142d.jpeg







blog142d1.jpeg


原画では、幼子イエスが右手で指差している先に
小さな家があり、その家の前にはヨセフが立っています。

左上に小さく、港に着いた数艘の船が見えますね。
そこから馬に乗り、旗を掲げた人たちが
聖母子に向かってきていますが、これは東方三賢人を表わしています。

画面左下の棒にとまっているオウムは
聖処女の出現を告げた預言者を意味しているそうです。




blog142d2.jpeg


画面右下にいる二羽のフクロウは闇の力を表わしていますが、
キリストがいるために、その悪の力が奪われた状態、、、らしいです。
、、、という説明はすべて解説本からの受け売りです。



西洋絵画の特に宗教に関するものは
ただやみくもに鑑賞しても全然意味が分かんなくて
「なんか、つまんない。。。」と思いがちですが
ほんの少しでも裏に隠された意味が分かると俄然面白くなります。











タイル表面の汚れ防止のために
透明釉薬をかけようか迷いました。

基にした絵は、紙にペンで描き、水彩で着色されていて
ツヤ感はありません。
透明釉薬をかけてタイル表面にツヤがでてしまうと
基の絵とはかなり印象が変わってしまいそうなので、
このままで終わりにします。



blog142e.jpeg




北方ルネサンスの巨人・デューラーさんに最大限の敬意を表して
油絵用の額に入れました。

これで完成です。





theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

2012-12-12

デルフトタイル4枚目  少し色数が加わります

デルフトタイル、4枚目のお皿です。

今回はブルー基本に少し色が加わった風景画です。





見本はこれ。


blog150j1.jpeg


元ネタがまたしても楕円形のプレートなので
足りない部分は色鉛筆で描き足しました。








blog150j2.jpeg


ブルーの濃淡にイエロー、オレンジ、マンガン等を加えて
描いていきます。









theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

2012-12-06

デューラー作 「多くの動物がいる聖母子」(一部) その2

オイル描きが終了しました。


blog142b.jpeg








つぎに水彩で彩色します。



オイル描きの線を消してしまわないように
水彩顔料を水で溶いて彩色します。


blog142c.jpeg


出来るだけお手本に忠実に!を目指します。







これで焼成します。






theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

プロフィール

ゲンちゃん

Author:ゲンちゃん
2002年、スペインタイルアート工房の通年コース受講開始。
スローペースでなんとか卒業し、以後、
気のむくままに制作を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム