2014-05-25

チェスキークルムロフ  その4

1回目の焼成が終わってから

blog185f.jpeg


色が薄すぎる部分にクエルダセカ釉薬を加えて修正し、、、、、




2回目の焼成が終わりました。


blog185g.jpeg

メインの修正点は、空と街並みです。



ふむふむ、これでOKかな。





いつものように額装しました。


blog185j.jpeg




これで完成です。





スポンサーサイト

theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

2014-05-18

20枚目のデルフトタイル  その1

水彩の練習として始めたデルフトの飾り皿、
これが20枚目になりました。



一体いつから描き始めたんだっけ?

調べてみたら、、、2012年9月でした。



もともとは水彩が大の苦手で
工房卒業後はクエルダセカやエンゴーベなどばかり使い、
水彩を避けていました。。


水彩が得意な人に聞くと
「クエルダよりラク」とか
「タイルって水彩の方が理解してもらいやすい」とか
いいことだらけ???


やらないで逃げてばかりじゃ
自分の世界が広がらない。
とにかくもう一度やってみよう、と始めた水彩。

近頃では、、、なんと
水彩が好きになっちゃったワタシがいます。

これってマジに意外でした。



練習、というより
好きになった水彩、今後も楽しく続けていきます。






今回、使うお皿は14cm径の飾り皿です。

ちっちゃくて釉掛けも楽ちん、
狭い家の中に飾る時もスペースをとらないし、、と
いいことだらけです


blog190a.jpeg




blog190b.jpeg




海も運河もないデルフトタイルのお皿を見本にしています。
水面を描かないのが久しぶり~~


深い森の中の一本道を
馬に乗った人が向こう側に去っていく、、、、という
やや寂しげな風景です。






theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

2014-05-11

天使から戴冠を受ける聖母~デューラー銅版画模写 その3

焼成が終わり、額に合わせてみました。


blog192f.jpeg



ふぅむ。





じ~っと見つめているうちに
これで終わりにせずに
彩色しちゃおうかな、、、という気がふつふつとわき起こりました。







デューラーさん、スイマセン。

想像しつつ、勝手に着色してしまいました。










こちらが着色して焼成後の写真です。





blog192g.jpeg





blog192i.jpeg



透明釉薬を掛けていないので、タイル特有の
ざらざらした表面のままです。



”勝手に”着色してしまいましたが
西洋絵画の図像学では(うろおぼえですけど)
聖母マリアの衣服の色は青と赤、
青は貞淑を示し、赤は受難を示しています。
何となく辻褄を合わせておりますが、、、

聖母の髪の色って金髪じゃないよね?


そして、天使の衣。

白かアイボリーというイメージですが、
何を思ったかグリーンにしてしまいました。


さらに幼子イエスの衣服も
ターコイズブルー、、、って、、、




う~ん、

完全にルール無視の色塗りにしちゃいました。

、、、が、これにて一応、完成です。






図像学の本をもう一度、きちんと読んでみようかな。。。






theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

2014-05-04

デルフトタイル  19枚目・・・ その3

絵付けにかなり手間取った19枚目のデルフト飾り皿。



blog191a.jpeg


blog191b.jpeg


blog191c.jpeg


blog191e.jpeg









ようやく完成です。


blog191f.jpeg

左側、運河の向こうから 朝日が射しはじめた頃の
穏やかな運河沿いの村の風景です。
18cm径の飾り皿です。






絵付けの時のボンヤリとした色味が
焼成を終えると とても鮮やかな色調に変化してくれます。


工房に作品を取りに行き、実物を眺めるときが
一番ドキドキします。
最近は特に釉薬掛けのミスで
不本意な出来上がりになったりすることが多いので
今回は久し振りに嬉しい仕上がりになりました。





今後も一枚一枚丁寧に
描いていこう!





theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

プロフィール

ゲンちゃん

Author:ゲンちゃん
2002年、スペインタイルアート工房の通年コース受講開始。
スローペースでなんとか卒業し、以後、
気のむくままに制作を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム