2016-03-30

4枚組デルフト風景画  その4

  


焼成が終わり、用意しておいた額に合わせてみました。




blog229h.jpeg




上部2枚のタイルは釉薬がすこし薄くて気になるのですが、
釉の描け直しで修正をすると不器用なワタシは必ず失敗すると分かっているので
これで出来上がりとします。








こちらは元ネタの飾り皿です。径が14cm。
昨年の工房の展示会用に描いたお皿です。

blog228i.jpeg

16~17世紀にオランダで作られたプレートのデザインを
使っています。






水彩は作品サイズ30cm角なので、絵の部分の径は約26cmです。

blog229j.jpeg



カラーと単色では同じ風景でも
どことなく雰囲気が違って見えますね。



奥行き感のある絵は
遠景部分の表現が難しいのですが
そういうところが逆にやりがいがあるというか、
絵付けの面白い所だと思います。







スポンサーサイト

theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

2016-03-17

4枚組デルフト風景画  その3

タイル4枚を使用してデルフト風景画を描いています。

サイズは30cmx30cmです。


blog229c.jpeg


左側2枚だけ先に濃淡をつけてしまったので
右側2枚を必死に描いています。





blog229e.jpeg

右側下段がかなり混みあった?構図です。

小川にかかる橋の上を馬に乗って渡る人物と従者を描いて
つぎに川面と手前の土手部分を描き、、、、







blog229f.jpeg

ようやく全体のバランスが取れてきたので
4枚すべての濃淡の具合を確かめながら
細部のチェックをします。






blog229g.jpeg

最後の最後に
一番濃いブルーをのせました。







これで絵付け終了、焼成します。





theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

プロフィール

ゲンちゃん

Author:ゲンちゃん
2002年、スペインタイルアート工房の通年コース受講開始。
スローペースでなんとか卒業し、以後、
気のむくままに制作を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム