2017-01-31

デューラー作 「若い野兎」の模写 その1

デューラーの模写を もう一枚制作します。


水彩画の「若い野兎」です。


これは水彩顔料オイル描きです。





15㎝角タイル1枚を使います。


blog238a.jpeg




blog238b.jpeg


後ろにある手本は

大きなサイズの画集です。

さすがに印刷が綺麗で

色の再現も美しく、お手本にピッタリです。




blog238c.jpeg





この水彩画もウィーンのアルべルティーナ美術館で見られます。

かなり有名な絵で、

昔、テレ東の「美の巨人」で取り上げられたことがありました。

内容がどんなだったか、今となっては全然思い出せませんが。。。







スポンサーサイト

theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

2017-01-18

デューラーの水彩画を模写する  その1

2年前の夏、

画家アルブレヒト・デューラーの生誕の地ニュルンベルグを訪れました。





blog118k.jpeg

街の広場に立つ銅像。

かなりの高さがあり、上から堂々と周囲を睥睨しています。

ま、この街の超有名人ですからね。








正面奥の建物がデューラーハウス。

blog118l.jpeg

なんか歪んでいるように見えますよね。

第二次大戦でニュルンベルグは連合軍の攻撃を受け
街は焦土と化し、このデューラーハウスも
屋根が崩れ落ちるなど深刻な被害を受けましたが
戦後に再築されたのです。


現在、内部は記念館として公開されています。






blog118m.jpeg

小高い丘の上に立つカイザーブルグ(皇帝の居城)から
眺めた旧市街。








随分まえにデューラーの水彩画を
クエルダセカの原料を使って
細筆で描いたことはありましたが


blog142ee.jpeg

blog145hh.jpeg







風景画にチャレンジするのは初めてです。

しかも水彩技法で。。。


w( ̄o ̄)w




あわわわ。。。  できるのか、ワタシ?




かなり無謀。








blog235bb.jpeg


「針金工場」という題名の水彩画です。








theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

2017-01-08

コーナーパターンのある4枚組タイル  その4

 

明けましておめでとうございます。ヾ(o´∀`o)ノ  


年末年始の あの怒涛の忙しさは何処へやら、
お正月気分もすっかり遠のいて
通常ペースの生活に戻りました。

皆さまも お元気で新年を迎えられたことと存じます。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。  (((o(*゚▽゚*)o)))


 




さて、昨年末から気長に

取り組んでいる4枚組タイルです。






コーナーパターン絵付けを開始。


blog234m.jpeg

















blog234o.jpeg

ハイ、こんな感じで絵付け終了。



え?これで??  (゚д゚)











新年から
あまりにもテキトーすぎる仕上げで
スイマセン。。。。 

上2枚が単色、下2枚が多色、という
変則的(?)な組タイルになりました。


風景画部分の図案、元ネタはオランダで買った
小さなカレ・チョコ(四角の平べったいチョコ)の包み紙です。


ドライブインのお菓子売り場をプラプラしていて
見つけました。

お土産にピッタリ!
中身ももちろんダークチョコレートで美味しかったけど
自分的にはこの包み紙が一番オイシイ!!













こちらが焼成後の写真です。


blog234p.jpeg



わ~い、

なんとか出来上がったぞ~ v(o゚∀゚o)v


このパターン、
なんだか蓮根の切り口に似ているな。。。
 (´・_・`) 



「蓮根」にあやかって
今年も見通し良く、明るい一年にしたいです。 









theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

プロフィール

ゲンちゃん

Author:ゲンちゃん
2002年、スペインタイルアート工房の通年コース受講開始。
スローペースでなんとか卒業し、以後、
気のむくままに制作を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム