2017-04-18

ブリューゲル「バベルの塔」展

ボイマンス美術館蔵

ブリューゲル 「バベルの塔」展
 \(^o^)/



今日から上野の東京都美術館で始まりました~~

ひやっほ~~(((o(*゚▽゚*)o)))



前夜からの暴風雨が心配でしたが、朝には雨が上がり、

初日に文字通り、ぶっ飛んで行きました




ボイマンス美術館、一度も行ったことがなくて、

何を一番見たかったか、というと

実はヒエロニムス・ボッシュの作品です。


ブリューゲルも勿論大好きだけど (彼が描いた「バベルの塔」は3点あり、

ひとつはこのボイマンス美術館に、2点目はウイーンの美術史美術館に(これは何度も見ました)

3点目はすでに失われた、と考えられています)


ボッシュは別格です。

デューラーと同時代の画家ですが、

真作と思われている作品は20点ほどしかないと云われています。



そのうち、スペインには

プラド美術館、マドリードの王宮、ラサロ・ガルディアーノ美術館、

エル・エスコリアル修道院等に

合わせて7~8点くらいもある、というボッシュのファンにとっては

天国のような場所なのですが

そんなボッシュの作品がオランダから2点も来日しているんです。






初日の今日は2時から都美術館の講堂で

記念講演会があったので、それも聞いてきました。


ボイマンス美術館館長と ボイマンス美術館のキュレーター2人による

「ボッシュとブリューゲル 絵画と版画」という内容でした。




ボッシュは生まれ故郷であるヘルトーヘンボスに生まれ、

一度も外国に出ることなくこの地で没しましたが、

ブリューゲルはイタリア・ローマに絵画の勉強に遊学し、

おそらくローマで見たコロッセオがバベルの塔のイメージに

深く影響しているだろう、という興味深い話を聞けました。




ブリューゲルは当初、ボッシュが生み出した奇怪なイメージを駆使した

摩訶不思議な絵を多く描きましたが、

後に「農民のブリューゲル」と呼ばれるように

庶民の日常生活をリアルに描写した作品が多くなりました。





美術展の後、ショップで

書籍やら絵葉書やらたくさん買い込み、

さらに期間限定という言葉につられて

バベルの塔をかたどったシフォンケーキを購入。

添加物がないので賞味期限が2日しかない、、、って???




都美術館内の喫茶店では バベルの塔にちなんで

ベルギーワッフルを使ったデザート「バベルの塔」がありました。



鑑賞と講演という、普段より頭を使った活動の後で

甘いものをとって、疲れた?脳に養分をあげようかな。。。








スポンサーサイト

theme : 東京23区
genre : 地域情報

プロフィール

ゲンちゃん

Author:ゲンちゃん
2002年、スペインタイルアート工房の通年コース受講開始。
スローペースでなんとか卒業し、以後、
気のむくままに制作を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム