2012-10-27

マドリード・シベレス広場~旧中央郵便局  その2

マドリードのシベレス広場に面して建つ
旧マドリッド中央郵便局、
下絵が終わり、クエルダセカで彩色を始めました。

blog149a9.jpeg








blog149a10.jpeg


夕暮れ時の空をきちんと表現できるかなぁ~~


空の彩色はいつも苦労します。。。。







blog149a11.jpeg



これで焼成します。









スポンサーサイト

theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【マドリード・シベレス】

マドリードのシベレス広場に面して建つ旧マドリッド中央郵便局、下絵が終わり、クエルダセカで彩色を始め

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お尋ねです・・

こんにちは
お久しぶりです。
今回のマドリード・シベレス広場は
華やかな感じで、楽しみですね。
本当に、風景を描くのが早いし
綺麗で尊敬です。
今回、登録有形文化財に
なっている恩師のアトリエを描いて
みよう!と無謀な計画を立てました。
たぶん、取り掛かるのは来年・・・かなぁ。
下絵だけは作ってみたのですが、一つ
質問させてください。
タイルに下絵を写して、水彩&オイルで
描きはじめるんですよね。
そのあと、バッサーハウスなど途中から
クエルダセカで色を入れていらっしゃいましたが、
水彩とクエルダセカの使い分けは
どういった場所で使い分けていらっしゃるん
でしょうか?
ゲンさんのように、風景を自在に描けたら
素敵だろうな~と思います。

Re: お尋ねです・・

boncuk*tileさん、

コメントありがとうございますe-257
有形文化財になっているアトリエ!!
おそらくとっても歴史のある建物なんでしょうね。
制作は来年ですか?出来上がったら是非、見させてくださいね!!

さて、お尋ねの「水彩とクエルダセカの使い分け」ですが
特にこれといったルールがあるわけではなく
毎回 元ネタの写真を眺めながら
だんだんと作り方を頭の中で練っていく、、という方法です。

はっきりした手法でもあればお教えできるのですが
その都度考えながら制作している、という場当たり的制作法です。e-351

boncuk*tileさんは実際にそのアトリエに
何度も通われていると思いますので
より具体的なイメージが浮かびやすいのでは?

う~ん、役に立つアドバイスが出来なくてスイマセン。e-330

以前、座敷童のタイルを出した、古民家のような
神楽坂のアトリエ&ギャラリーです。
いつ出来上がるかは、想像できませんが、
挑戦してみたくて。
ここは、とても落ち着いたギャラリーで すので、
ゲンさん次の個展にいかがですか(笑)

クエルダセカと水彩は、その風景の質感とか
素材によって使い分けるんでしょうね。
ちょっと、自分なりに想像してみます。
照りを出したいならクエルダセカでしょうし。
また、色々教えてください。
ありがとうございました。
プロフィール

ゲンちゃん

Author:ゲンちゃん
2002年、スペインタイルアート工房の通年コース受講開始。
スローペースでなんとか卒業し、以後、
気のむくままに制作を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム