2016-10-30

セビリア近郊 イタリカにて  その3

スペインのイタリカで撮った写真をもとに風景画を製作しています。



オイル描きが終わり、クエルダセカでだいたいの彩色を施し、、、

blog237dd.jpg








一度焼成しましたが釉薬の乗りが薄いな~という部分が多々あり、、、

やはり修正は絶対に必要です。







全体的に釉薬を乗せました。

blog237ee.jpg














2回目の焼成が終わった状態です。


blog237g.jpeg




納得のいく色味が出ましたので
これで出来上がりです。






この作品を
第43回近代日本美術協会展に出品し、
B)小品公募部門において特選を受賞しました。



近代日本美術協会展は
A)一般公募部門(大きさ20号以上) と
B) 小品公募部門(大きさ20号未満) でそれぞれ募集・審査が行われ
下記日程で両方の部門の受賞作品と入選作品が
展示されます。



第43回近代日本美術協会展

会期: 10月30日(日)~11月6日(日) 
     9:30-17:30 (入場17:00まで)
     最終日は13:00まで (入場12:00まで)

会場: 東京都美術館 ロビー階 第一展示室
      入場料 600円







期間中、お天気が良い日を見計らって
会場に行ってみようと思っています。





スポンサーサイト

theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。
特選!!!おめでとうございます☆彡
 
このタイル確か教室で拝見しましたが、相変わらず木の部分が細かくて
繊細で、素敵でした。

販売されたり、出展されたりと色々活躍の幅を広げられていますね。
素晴らしいです。

トヨシマさんも木工と合わせたタイルがとても素敵ですし、
皆さん素晴らしいですね。

実際、飾られたところを拝見したいのですが、会期中に
伺えそうもなく残念です。

Mさん、こんにちは!

協会から通知が来たときは
一瞬、何かの手違いかな、と思いましたが、、、
本当に嬉しかったです。

工房の先生方にいろいろ教えて頂きながら
ずっとタイル制作を続けていて
良かったな~と思いました。e-446

ここ数日はめっきり空気も冷たくなってきて
体調を崩している方も多いようです。
Mさんもくれぐれもご自愛くださいませ。
それでは、また。

おめでとうございます!

見に来るたびに、細かさに驚いていたけれど、実用品を飛び越えて芸術品になったんですね!!! 
感動です〜。 これからもがんばってください。 ちくpupu.ナカジマヒロミより

ありがとうございます!

ちくpupu.さん、こんにちは!

まさかのビギナーズラック!という感じです。
実際に協会展を見てきたら
他の方達の素晴らしい作品に圧倒されっぱなしでしたわe-350

ちくpupu.さんもイベントや委託販売が順調そうですね!
お互いに今後も頑張りましょう~~e-266
プロフィール

ゲンちゃん

Author:ゲンちゃん
2002年、スペインタイルアート工房の通年コース受講開始。
スローペースでなんとか卒業し、以後、
気のむくままに制作を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム