2017-02-19

デューラー作 「若い野兎」の模写 その2

デューラーが1502年に制作した

水彩画「若い野兎」の模写をしています。




blog238c.jpeg



もう最近、模写ばかりです。

大変なのですが、ちっとも飽きない。







昔、TVか何かで

ヨーロッパの美術館で

古い絵画の修復をしている方たち(プロの修復師ですね)を見たことがあり、

凄い☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ 

何百年も前に巨匠たちが描いた絵を甦らせるなんて! 

巨匠たちの筆遣いの上を自分の筆がなぞっちゃう訳じゃ~ん 

いや、、、、でもそれって逆にコワいわ~~   と

想像しただけで心臓がドキドキしてしまいました。





blog238d.jpeg






絵画修復は まず最初に

絵の表面に付着した積年の汚れを洗浄することから始まります。

この洗浄作業は、当然のことながら科学的な知識がないと出来ないそうです。




科学的知識、、、

ワタシにはいっさい備わっておりませんです。(;д;)





絵画修復の世界とはまったく縁のない人生ですが、

趣味の一環として

こうして好きな絵の模写をすることが出来るのは

本当にウレシイです。。。。






blog238e.jpeg




下絵が終わりました。

このあと、釉薬で彩色していきます。










スポンサーサイト

theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゲンちゃん

Author:ゲンちゃん
2002年、スペインタイルアート工房の通年コース受講開始。
スローペースでなんとか卒業し、以後、
気のむくままに制作を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム