2017-05-23

デューラーの水彩画を模写する (水彩オイル描き)

一昨年、ミュンヘンのアルテ・ピナコテークに行きました。


ここを訪れるのは2回目です。


1回目は個人で来たので
半日くらいかけて見て回りましたが
2回目は団体旅行。


団体旅行のスケジュールの中には、ここは含まれていませんでしたので
ほんの少しの自由時間を利用して駆けつけました



ところが、、、

運の悪いことに改装中で、展示スペースが通常の半分という状況。。。  

 




でも、お目当てのデューラーの作品はほぼ見られたので超ラッキーでした!


ミュージアムショップでデューラー関連のグッズをどっさり買い込み、

なかでも水彩画ポストカードセットはワタシにとってはお宝になっています。




このうちの一枚を

水彩顔料を使って模写していきます。



タイル一枚(15cm角)を使っています。


blog239a.jpeg


1496年に描かれた この水彩画の題名は

「Trockensteg am Hallertor」です。




blog239b.jpeg



Hallertor とはニュルンベルグの街の中にある場所の名称で

Trockensteg とは 乾ドック(船舶の製造や修理を行う場所)の事らしいです。



ニュルンベルグは海に面していないので

河川を利用した船舶となると そんなに大きな船では

なかったのだろうと思われます。



blog239c.jpg



ネットでニュルンベルグの街中の地図を見ると

デューラーハウスから市内に向かって降りる道は

アルブレヒト・デューラー通りで、

途中の路地を左側に曲がると アグネス・ガッセ(アグネス小路)があり
(アグネスはデューラーの奥さんの名前)

さらにピルクハイマー通り(ピルクハイマーはデューラーの大親友であり
街の名士でもあった)があって、、、

もう一度ゆっくりとニュルンベルグを歩いてみたくなる。。。




一度、焼成し、

薄い部分を描きたした後に もう一度焼成。



blog239d.jpg


これで出来上がりです。








明後日から10日間ほど旅行に行ってきます。




美しい風景を存分に堪能してきたいと思っています。




theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

2017-05-09

ボルドーの村の午後 その1

去年のボルドー・ワイナリー巡りの際、

ランチで立ち寄った村で撮った写真をもとに

クエルダセカ風景画を作ります。




まずはスペイン製の白粘土で
陶板を作ります。

サイズは15cmx22cmくらいです。

15cm角タイルを1枚と半分の大きさです。

継ぎ目がないように仕上げたいときは陶板を作ります。


粘土をこねたり成形したりが大の苦手なワタシ。。。



数年ぶりに粘土に触ったな。。。

勝手がわからず工房の先生に頼り切り、
オドオド、ビクビクしながら成形。
いったん乾燥させて(そうか、乾燥すると縮むんだった!と思い出す)
デコボコな表面やギザギザした側面をヤスリで削って掃除して
それから焼成していただいて、、、、という
長い長い工程を経て、、、、





ようやく下絵を描き始めました。


blog244aa.jpg



いつものように左側から描いていきますが、
今回は道を奥に向かって歩いていく地元のお爺さんを
先に描いてしまいました。



blog244bb.jpg



この風景の中では重要な要素なんです。



このお爺さんがいることで
生活感とか遠近感が表現できるような気がします。









theme : 私のハンドメイド報告
genre : 趣味・実用

2017-04-24

水彩模写「木の習作」  その2

デューラーの水彩「木の習作」を

水彩技法で模写しています。




blog242b.jpg




1494年の作で、

題名はLindenbaum とあるので

この木は菩提樹なんですね。






15cm角タイル1枚を使用しています。


blog242c.jpg


絵付けが終わりました。











焼成後の写真です。


blog242dd.jpg



500年ほど前の作品がお手本です。


よく見ると、原本の紙が少し黄ばんでいたので

背景に薄いオレンジ色を加えてみました。




これで出来上がりです。












theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

2017-04-18

ブリューゲル「バベルの塔」展

ボイマンス美術館蔵

ブリューゲル 「バベルの塔」展
 \(^o^)/



今日から上野の東京都美術館で始まりました~~

ひやっほ~~(((o(*゚▽゚*)o)))



前夜からの暴風雨が心配でしたが、朝には雨が上がり、

初日に文字通り、ぶっ飛んで行きました




ボイマンス美術館、一度も行ったことがなくて、

何を一番見たかったか、というと

実はヒエロニムス・ボッシュの作品です。


ブリューゲルも勿論大好きだけど (彼が描いた「バベルの塔」は3点あり、

ひとつはこのボイマンス美術館に、2点目はウイーンの美術史美術館に(これは何度も見ました)

3点目はすでに失われた、と考えられています)


ボッシュは別格です。

デューラーと同時代の画家ですが、

真作と思われている作品は20点ほどしかないと云われています。



そのうち、スペインには

プラド美術館、マドリードの王宮、ラサロ・ガルディアーノ美術館、

エル・エスコリアル修道院等に

合わせて7~8点くらいもある、というボッシュのファンにとっては

天国のような場所なのですが

そんなボッシュの作品がオランダから2点も来日しているんです。






初日の今日は2時から都美術館の講堂で

記念講演会があったので、それも聞いてきました。


ボイマンス美術館館長と ボイマンス美術館のキュレーター2人による

「ボッシュとブリューゲル 絵画と版画」という内容でした。




ボッシュは生まれ故郷であるヘルトーヘンボスに生まれ、

一度も外国に出ることなくこの地で没しましたが、

ブリューゲルはイタリア・ローマに絵画の勉強に遊学し、

おそらくローマで見たコロッセオがバベルの塔のイメージに

深く影響しているだろう、という興味深い話を聞けました。




ブリューゲルは当初、ボッシュが生み出した奇怪なイメージを駆使した

摩訶不思議な絵を多く描きましたが、

後に「農民のブリューゲル」と呼ばれるように

庶民の日常生活をリアルに描写した作品が多くなりました。





美術展の後、ショップで

書籍やら絵葉書やらたくさん買い込み、

さらに期間限定という言葉につられて

バベルの塔をかたどったシフォンケーキを購入。

添加物がないので賞味期限が2日しかない、、、って???




都美術館内の喫茶店では バベルの塔にちなんで

ベルギーワッフルを使ったデザート「バベルの塔」がありました。



鑑賞と講演という、普段より頭を使った活動の後で

甘いものをとって、疲れた?脳に養分をあげようかな。。。








theme : 東京23区
genre : 地域情報

2017-04-10

第2回 タイルスタイルx3人展 終了しました




   blog118o.jpg


工房の卒業生仲間である 碧ざくろさん、SAKUMAさんと 3人で開催した作品展が

昨日、無事に終了いたしました。





前半は桜の満開時期とほぼ重なり

後半は雨模様の天気が続き、、、

厳しい状況でしたが、2年前の3人展よりも

入場者数が増えていて、3人とも安堵した次第です。




3人で在廊した日もあれば 1人で店番?の日もあり、

来場者が思いのほか多かった時間帯などは

こちら側の対応がなかなか出来なかったこともあったかと思います。

至らなかった点がありましたらお詫びいたします。




年度が変わり、新生活が始まったり、桜が咲き始めたり、と

忙しいうえに さらにお出掛けプランが満載となるようなこの時期に、

私たち3人の作品を見にアートガーデンまで足をお運び頂きました

来場者のすべての方々に この場をお借りして 心より御礼申し上げます。

皆様、本当にありがとうございました
 
 
 
 (*^_^*)




会期中に頂戴した ご意見・ご感想等を

今後の活動や作品展に反映させていきたいと思っております。








theme : 神奈川
genre : 地域情報

プロフィール

ゲンちゃん

Author:ゲンちゃん
2002年、スペインタイルアート工房の通年コース受講開始。
スローペースでなんとか卒業し、以後、
気のむくままに制作を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム